飽和水蒸気量のグラフの読み取り方【中2地学 天気】

この記事では、

  • 飽和水蒸気量のグラフの読み取り
  • 露点での飽和水蒸気量と水蒸気量の関係
  • 水滴ができるときの飽和水蒸気量と水蒸気量の関係

を身につけることが目的です。

ノート 飽和水蒸気量のグラフの読み取り

30℃の空気1m3中に水蒸気が17.2g含まれているとき

30℃の空気1m3中に水蒸気が17.2g含まれている状態について考えていきます。

上図の表をみると、30℃での飽和水蒸気量は30.3gなので、最大30.3gまで水蒸気を含むことができます。

つまり、17.2gの水蒸気を含むことができ、さらに13.1g (= 30.3g – 17.2g)の水蒸気も含むことができます。

グラフでは、このような状態になります。

30℃から20℃へ気温が下がったとき 【露点】

では、30℃から20℃へ気温が下がったらどうなるのでしょうか?

20℃の飽和水蒸気量は17.2gなので、最大17.2gまで水蒸気を含むことができます。

今回の水蒸気量が17.2gなので、ギリギリ含むことができますね。

この場合、飽和水蒸気量と水蒸気量が等しくなります。

これが、露点でしたね。

露点は、水滴ができるときの温度で、このように飽和水蒸気量と水蒸気量が等しくなります。

グラフでは、このような状態です。

露点は、空気中の水蒸気が水滴に変わるときの温度のこと。

露点では、飽和水蒸気量と水蒸気量が等しくなる。

20℃から10℃へ気温が下がったとき 【水滴ができる】

では、さらに20℃から10℃まで気温が下がるとどうなるのでしょうか?

10℃の飽和水蒸気量は9.4gなので、最大でも9.4gの水蒸気しか含むことができません。

今回の水蒸気は17.2gもあるので、どうなるのでしょうか?

水蒸気17.2gのうち、9.4gまでは飽和水蒸気量の袋の中に含むことができます。

しかし、残り7.8g (= 17.2g – 9.4g)は水蒸気から水滴に変わります。

グラフでは、このような状態です。

気温が露点より下がると、水蒸気の一部が水滴となる。

水滴の量は、グラフの上の部分。

練習問題

30℃の空気1m3に水蒸気が17.2g含まれてる。

気温 (℃)102030
飽和水蒸気量 (g/m3)9.417.230.3
  1. この空気の飽和水蒸気量を答えよ。
  2. この空気1m3には、あと何gの水蒸気を含むことができるか。
  3. この空気の露点を答えよ。
  4. この空気が10℃まで下がると、空気1m3あたり何gの水滴ができるか。

問題の解答と解説

  1. 30.3g
  2. 13.1g (30.3g – 17.2g)
  3. 20℃
  4. 7.8g (17.2g – 9.4g)

タイトルとURLをコピーしました