中3地学 星の日周運動

天体の星の日周運動についての問題です。
天体はイメージすることが大切です。
教科書や資料の図をみたり、図書館で図鑑などを借りたりして、頭の中でイメージしてください。
中学生で習う分野で難しいと感じる方が多いのは事実ですが、出題される問題は決まっています。
何度も繰り返し問題を解いて、理解するようにしましょう。

記事の最後に2つの画像を添付します。
・東・南・西の空の星の動き
・星の運動まとめ

問題
図 星の日周運動

(1)上図のA~Dは、それぞれどの方角の空を観察したものか。
(2)上図のA~Dで時間が経つについれて、星の動いていく方向はa、bのどちらか。
(3)上図のような星の1日の動きを何というか。
(4)(3)の原因は何か。
(5)星は1時間後には①何度、②どちらの方角から方角へ動くか。
(6)Cの空の中心に、1つだけ動かない星は何か。
(7)(6)の☆が動かない原因は何か。
(8)(6)の星の高度はどのように求められるか。

解答
(1)A:北  B:南  C:東  D:西 
(2)A:a   B:b  C:b  D:b
(3)日周運動 
(4)地球の自転 
(5)①15°  ②東から西
(6) 北極星
(7)地軸の延長線上にあるから。
(8)観測点の緯度

解説
星は太陽を同じで、実際には動いていません。
地球が動くことにより、星や太陽が動いてみえます。

北の空の星の動きは
北極星を中心反時計周りです。
東・南・西を空の星の動きは下図を参考にしてください。

解説 星の動き_rev

また、星の動きには、日周運動・年周運動の2種類あります。
それぞれの違いをまとめたので参考にしてください。
また、表の一番下の「問題で使うとき」に関しては、問題を解く際にヒントになる部分なので、覚えておいてください。使い方は別の記事にしたいと思います。
解説 星の運動 まとめ_rev

 

タイトルとURLをコピーしました