中3地学 太陽の日周運動

中3地学(天体)の太陽の日周運動についての問題です。

太陽や星などの天体は止まっていますが、地球が自転や公転することにより、動いているようにみえます。
そのような動きを日周運動、年周運動といいます。

日周運動
-太陽や星が地球の周りを1日で1周するようにみえる動き
1時間15°進む (24時間で360°進むため)
-地球の自転が原因
-東から昇り、西に沈む

年周運動
-太陽や星が地球の周りを1年で1周するのうにみえる動き
1か月で30°進む (12か月で360°進むため)
-地球の公転が原因
-東から昇り、西に沈む

それでは、太陽の日周運動の問題にいきましょう!

問題
下のような道具を用いて、太陽の1日の動きを観察した結果である。
図 太陽の1日の動き

(1)上図のような天体の位置の記録に使う道具を何というか。
(2)(1)に天体の位置を記録するときに注意するべきことは何か。
(3)上図のA~Dはそれぞれどの方角を示しているか。
(4)上図のXは何を示しているか。
(5)上図のような太陽の一日の動きを何というか。
(6)(5)は何が原因か。
(7)太陽は1時間後には①何度、②どちらの方角からどちらの方角へ動くか。
(8)天体が真南にくることを何というか。
(9)(8)の高度を何というか。
(10)Yは太陽が真南にきたときの位置である。(9)の高度を表せ。
(11)(8)の時刻を何というか。
(12)下図は、太陽の動きを記録した紙テープである。観察した日の日の出は何時何分か。
図 太陽の動きプロット

解答
(1)透明半球
(2)ペン先の影が点Oにくるようにする。
(3)A:東 B:北 C:西 D:南
(4)日の出
(5)日周運動
(6)地球の自転
(7)①15°  ②東から西
(8)南中
(9)南中高度
(10)∠DOY (∠YODでも可)
(11)南中時刻 
(12)6時30分

まとめ
解説 日の出の時刻の求め方

 

タイトルとURLをコピーしました