中2地学 高気圧・低気圧

中学2年生の天気の高気圧低気圧についてまとまます。
 
気圧は、空気による圧力です。
高気圧空気がたくさんあり、低気圧空気がすくない状態です。

それをイメージ すると…

 高気圧は空気がたくさんあるので重い
    ↓
 重いから下に落ちる
    ↓
 だから、高気圧下降気流(空気がたくさんあり、重くて落ちるから)

高気圧から落ちた空気はどこへいくのか?
 低気圧は空気が少ない
    ↓
 高気圧から落ちた空気は、空気が少ない低気圧にいく
    ↓
 低気圧のまわりは上昇気流になる(高気圧から空気が流れてくるから)

では、実際に問題を解いていきましょう。 
(1)低気圧の上空付近の気流をア~エから選べ。
気圧 空気の流れ 上昇下降

(2)低気圧の地表付近の気流をア~エから選べ。
気圧 空気の流れ 時計反時計

(3)高気圧の上空付近の気流をア~エから選べ。
気圧 空気の流れ 上昇下降

(4)高気圧の地表付近の気流をア~エから選べ。
気圧 空気の流れ 時計反時計

(5)雲ができやすいのは高気圧、低気圧のどちらか。
(6)天気が良いのは、高気圧、低気圧のどちらか。
(7)風は、ア高気圧から低気圧 イ低気圧から高気圧 のどちらに吹くか。

解答
(1)ア
(2)ウ
(3)エ
(4)ア
(5)低気圧
※低気圧は上昇気流。空気のかたまりが上昇すると、温度が下がり、露点に達し、雲ができる。
※雲のできかた参照(http://hirocs.blog.jp/archives/8245642.html)

(6)高気圧
※高気圧は下降気流なので、雲ができにくく、天気が良い。

(7)ア
※高気圧にはたくさんの空気があり重い。重い空気が下に落ちて(下降気流)、低気圧に運ばれる。
だから、空気は高気圧から低気圧に移動する。 

まとめ
高気圧と低気圧
 

タイトルとURLをコピーしました