中2化学 銅の酸化 計算問題

これまで銅の酸化マグネシウムの燃焼についての問題やまとめを書いてきました。

上記の問題は、計算問題も多く出題されるので、解説していきます。
解き方をまとめた画像を最後に添付しているので、携帯に保存して何度もみてください。
また、自分でもノートに書きながら、一緒に問題を解いていきましょう。

必ず覚える知識
銅が酸素と反応して酸化銅ができるときの質量比
銅:酸素:酸化銅=4:1:5

計算手順
質量がわかっている物質と求めたい物質を
①を選ぶ
②の比を書く (必ず覚える知識)
③の質量を書く (求めたい質量をxとおく)

問題
下のグラフは、銅粉末の質量とそれを十分に加熱したときにできる酸化銅の質量との関係を表している。

図 銅と酸化銅 グラフ
(1)銅の質量とできた酸化銅の質量はどのような関係にあるか。
(2)銅と銅と化合する酸素の比を求めよ。
(3)銅16gから何gの酸化銅ができるか。
(4)銅8gと反応する酸素は何gか。
(5)酸素0.5gと反応する銅は何gか。

解答
(1)比例(の関係)
(2)銅:酸素=4:1
(3)20g
(4)2g
(5)2g

解法まとめ
解説 銅の酸化 計算問題_rev

解説
(3) 比べているのは、銅と酸化銅
  銅:酸化銅=4:5 (覚えておく反応比)
  16:x=4:5 (求めたい質量をxとおく)
  x=20
(4) 比べているのは、銅と酸素
  銅:酸素=4:1 (覚えておく反応比)
  8:x=4:1 (求めたい質量をxとおく)
  x=2
(5) 比べているのは、酸素と銅
  銅:酸素=4:1
  x:0.5=4:1 (求めたい質量をxとおく)
  x=2

タイトルとURLをコピーしました