【基礎】直列回路や並列回路での電圧の大きさ

電気回路

この記事では,直列回路や並列回路での電圧の大きさについて学習します.

オームの法則をい使った計算問題の基本となります.

【基礎】直列回路や並列回路での電圧の大きさ

電圧とは直観的には電気を流そうとする「圧力のようなもの」である.

https://ja.wikipedia.org/wiki/電圧

Wikipediaには,上記のように書かれています.

抵抗は電流を流しにくいので,電圧をかけることによって,電流を流そうとしています.

直列回路の電圧の大きさ

直列回路に複数の抵抗がある場合,電源電圧がそれぞれの抵抗にかかる電圧に分かれます.

例えば,上図のように電源電圧が5Vの場合,それぞれの抵抗にかかる電圧は2V,3Vのようになります.

直列回路では,電圧は分かれる.

並列回路の電圧の大きさ

並列回路の抵抗にかかる電圧の大きさは,電源電圧と同じになります.

例えば,上図のように電源電圧が5Vの場合,それぞれの抵抗にかかる電圧の大きさは5Vになります.

並列回路の電圧は,電源電圧と同じ.

直列+並列回路の電圧の大きさ

上図のように直列回路と並列回路が合わさった回路の場合,直列回路と並列回路の考え方を使います.

手順が2つあります.

考え方①:並列部分を1つと考える.

例えば,電源電圧が5Vの場合,それぞれの抵抗に2V,3Vの電圧がかかります.

考え方②:並列部分の電圧は同じになる.

並列部分の電圧は同じになるので,並列の抵抗にはそれぞれ3Vの電圧がかかります.

直列回路と並列回路がある場合,以下の手順で考える.
手順①:並列部分を1つと考え,電源電圧を分ける.
手順②:並列部分の抵抗にかかる電圧は同じ.

タイトルとURLをコピーしました